山口県は岩国にある浄土真宗寺院のWebサイト

過去の法話

 

仏法の不思議(3月下旬)

水仙

いつつの不思議をとくなかに 仏法不思議にしくぞなき(曇鸞讃)
(五種の不思議が説かれている中で、仏法不思議に勝るものはない。)

 

【あれから20年】

 

かつて中学の数学の先生だったKさんは、
円周率(π)の小数点以下、30桁まで覚えています。
授業でこのπの説明の後、

 

「3.1415926535 8979323846 2643383279」

 

と暗唱すると、教室からどよめきが。
それがきっかけで数学が好きになった子もいたそうです。

 

「すごいですね。」
すると後日、覚え方を紙に書いて渡してくれました(※)。
それと一緒に昔の記事をもらいました。
1997年8月4日の朝日新聞で、
「円周率計算で世界新」というもの。

 

東大の金田教授が、
515億ケタを達成したというのです。
世界最高速レベルのコンピューターを使い66時間計算しました。

 

記事の最後には、
「コンピューターの性能がさらに大幅によくならなければ、
当分の間、記録更新は望めそうにないという。」

 

……あれから20年。
2017年現在、πの世界記録は22兆桁です。
20年前の400倍以上です。
計算には100日から1年かかるとか。
人類の進歩のすさまじさを思う今日この頃です。

 

それにしても規則性がなく無限に続く数、π。
不思議な数字です。

 

【仏法不思議】

 

ところで、仏教では「五つの不思議」と言います。

 

@衆生多少不可思議……衆生が無数にいること。
A業力不可思議…………衆生の行為の結果が様々であること。
B龍力不可思議…………風雨等、自然現象の不思議。
C禅定力不可思議………精神統一による超能力の不思議。
D仏法力不可思議………仏の力、阿弥陀仏の本願力の不思議。

 

私たちの周りには数多くの衆生(いのち)が存在します。
人間の数は75億と知らされていますが、
人間以外の種の数、想像もつきません。
目の前の森一つとっても、どれほどの植物・生物がいるのか。

 

そんな衆生の数よりも、
もっと不思議なのが、その衆生の活動です。
たとえば目の前の机、パソコン、本……どれほどの技術、力が関わっているか。
どれほど人の想いや苦労があったか。
22兆ケタまでπを計算した人類の力もその一つです。

 

さらに予想もつかないのが自然現象です。
台風や地震、また種々の神秘的な現象、
衆生がどんなに頑張っても作れません。

 

そしてもっと不思議な事があります。
科学では決して説明できない不思議、奇跡です。
私が今、人間に生まれ、生きている事も、ある意味、奇跡かもしれません。

 

けれども、そんな奇跡よりもっと不可思議なものが「仏力の不思議」なのです。

 

【仏力の不思議】

 

蓮如上人にはこんなエピソードが残っています。

 

法敬坊(ほうきょうぼう)が蓮如上人に、
「上人のお書きになった六字のお名号が、
火事にあって焼けたとき、六体の仏となりました。
まことに不思議なことでございます」と申しあげました。
すると上人は、
「それは不思議なことでもない。
六字の名号はもともと仏なのだから、
その仏が仏になられたからといって不思議なことではない。
それよりも、罪深い凡夫が、
弥陀におまかせする信心ただ一つで仏になるということこそ、
本当に不思議なことではないか」と仰せになりました。
(『蓮如上人御一代聞書(現代語版)』(第77条))

 

「文字から仏の姿があらわれ出た事」は奇跡です。
法敬坊は、「蓮如上人、あなたは生き仏を書かれました」と、
褒めたかったのかもしれません。
しかし蓮如上人は取り合いません。

 

仏教における最大の不思議、
それは他でもなくこの悪人の私が、
真逆の仏になる事であり、
それは、私が浄土に生まれる事です。

 

「浄土に生まれたい」と、
心で願った所で、
行動がなけれが実現はありえません。
しかしこの度、
仏さまの願い、そして行動に出遇います。
「わが呼び名を呼べ」という、
仏の誓い通り、「南無阿弥陀仏」と念仏し、
「我にまかせよ、必ず救う」という、
その誓い通り、浄土に参らせていただきます。

 

【不可思議なる世界】

 

私が浄土に生まれ仏となる不思議。
そのための力、弥陀の本願力は、
私を救うため片時も離れません。
見渡す限り、全て仏の本願力です。

 

無量の衆生がいる不思議。
それはそのまま、私を仏にするため、
無量の如来がいる不思議といただきます。

 

無数の行為があるという不思議。
それはそのまま、私を仏にするため、
無数のお育てがある不思議といただきます。

 

広大な自然や宇宙の不思議。
それはそのまま、広大な仏の心を、
その他、様々な不思議も、
私を仏にするため、
全て弥陀大悲の出来事です。

 

不思議な感動、
不思議な喜びに包まれた、
今日という私のいのちがあります。

 

(おわり)

 

(※)
「妻子異国に、老後(の)産後厄無く、見にみやしむに、無視散々、闇に泣く」
(さいしいこくに(3141592)。ろうご(65)、さんごやくなく(358979)、
みにみやしむに(3238462)、むしさんざん(6433)、やみになく(83279))


 

 
境内案内 内陣 歴史 ◆納骨堂・永代供養墓◆ 地図