山口県は岩国にある浄土真宗寺院のWebサイト

History of Sentokuji-temple

専徳寺の歴史と事跡

foundation

 

厳島合戦に勝利した毛利元就は一族の吉川広家を、弘中氏(当時の岩国城主)に代わって岩国地方を領有させた。
(Motonari Mouri who won against Itsukushima battle let Hiroie Kikkawa possess Iwakuni district in place of Hironaka (the Iwakuni lord of a castle).

 

吉川広家公は、16年の間、岩国の領主となった。
(Prince Hiroie Kikkawa became a feudal lord of Iwakuni during 16 years.)

 

元和2年(1616)、彼は家督を嫡男の広正に譲り、次男彦次郎君を帯同して、玖珂郡通津村本呂尾に隠居所を構えた。
(In 1616, he retired and left birthright to Hiromasa of eldest son, and moved to Tsuzu village with second son Hikojiro. )

 

隠居とはいえ、広家公父子には随伴の家臣も多く、同じく通津に在住した。
(When he moved to Tsuzu, many of his vassals also moved to Tsuzu. )

 

その家臣の多くは浄土真宗西福寺(現岩国市岩国町)の門徒であったが、
(Many of the vassals were members of Saifukuji Temple(currently Iwakuni Town, Iwakuni City)) whose sect is Jodo Shinshu.)

 

信仰心の厚い人が多く、新たに通津の地に浄土真宗の寺院建立を願い出た。
(Many of them have a strong faith, and they requested the construction of a new temple of the Jodo Shinshu sect in the land of Tsutsu.)

 

そこで広家公は、当時、高照山にあった常福寺という真言宗の寺院を改宗し、広正公に対して浄土真宗の一寺建立を願い出た。
(Therefore, Hiroie converted the Shingon sect temple called Jofukuji on Mt. Kosho and built the Jodo Shin sect temple.)

 

このような経緯のもと、開基に高森正蓮寺開基了善法師(弘中氏の血統)の3男善超師を迎え、寛永元年(1624)年、光照寺(のち専徳寺)が誕生した。
(The chief priest of the new temple was Zencho, the third son of Shorenji Temple in Takamori, a pedigree of Mr. Hironaka.
In this way, Koshoji Temple (later Sentokuji Temple) was born in 1624.)

 

 専徳寺古文書に曰く
 新たに建立の寺なれど、彦次郎君より建立せしめられたる賢慮を慕い、常福寺の檀徒は勿論そのほか通津、保津、青木、黒磯、六呂師等の人民我も我もと光照寺の檀徒となり、たちまち数百軒を数え後年益々繁栄に及びけることこれ広家公御父子通津へ御引越に事おこり、殊に彦次郎君懇志の成ぜしむるところなり

 

 光照寺(のち専徳寺)誕生の翌年、寛永2年(1625)9月21日、広家公65歳にして通津の地にて逝去。彦次郎君はその後もなお、通津に留まり、7年間にわたって、平生邑開作事業に専念した。

 

 専徳寺の建立に力を尽くした吉川広家親子だが、何故その開基に、弘中氏の血統を迎え入れたのか。
 実は弘中氏と毛利、吉川氏はかって大内氏の武将として芸備にあって盟友の好誼にあった。たまたま陶晴賢の反乱によって厳島において心ならずも対戦することになったが、もともと深怨の仲ではない。いま、広家公父子が、弘中家の子孫を招いて一寺を建立したのは、ひとえに旧城主の子孫優遇の趣旨によったものである。

 

 

現在の寺地

 

 現在の寺地は貞享3年(1686)頃に定められ、岩国藩3代目領主吉川広嘉公が寄進したものである。広嘉公は岩国文化の開祖とあがめられ、錦帯橋の創建者でもある。
 公は明国の亡命僧独立禅師に心酔した。禅師は岩国と長崎の間をたびたび往来した。そうした縁故もあってか、専徳寺第3代澄性師は長崎において一切経を求めこれを自坊に安置した。当時、「防長両州においては一切経を安置するもの是なし」、とあるので、文化人広嘉公にとってはこの上もない感激であったに相違ない。公は専徳寺の寺地と資材を寄進したが、それが現在の寺地である。
 昭和24年通津川改修にあたり、川幅を倍増するため寺地の一部提供を求められ、約600平方メートルの寺地を提供した。現在の寺地面積は3,307平方メートルである。

 

 寺地の選定について1つの伝承がある。
 吉川家中の家臣と寺関係者が適地を求めて海岸線を歩いていた時、1本の老松があり、背は低いが枝は四方に広がって、誠に見ごたえのある松樹であった。1羽の鷹が飛んで来て頂上で羽を休めた。折しも朝日が燦々と射して、鷹は金色に輝いた。「瑞兆この上なし」と衆議一決して寺地がきまったという。11世義啓師はこの伝承を絵となし、これを下絵として、石川県輪島の名匠治太郎に委嘱して、輪島塗金蒔絵の客膳20人前を調整した。
 その客膳は今も専徳寺に大切に保存されている。

 

 



 
境内案内 内陣 歴史 ◆納骨堂・永代供養墓◆ 地図